読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福島の記録

東日本大震災から地震・津波・原発事故からの復興を記録する。

相馬福島間の開通見通し

相馬福島道路

相馬から保原間平成32年度開通

福島民報10月29日

搬送物流の円滑化期待。

115号国道バイパスの福島道路の霊山インターチェンジ(仮称)から福島保原インターチェンジ(仮称)間の7.4キロは平成32年度末までに開通する見通しとなり、相馬市伊達市保原町の約40キロ間がつながる。国土交通省が28日発表した。

◉相双地方から国道4号東北自動車道へのアクセスが向上し、救急搬送の時間短縮や物流の円滑化につながると期待される。

平成29年度以降に相馬港に運び込まれる液化天然ガスLNGの内陸輸送が円滑に行われると見ている。

◉相馬福島間の45.9kmのうち93.9パーセントにあたる43.1kmの開通時期が固まった。

内堀知事は1日も早い全線供用という要望をしっかり受け止めていただいた。

県は早期供用に向け、引続き関係機関とともに取り組んでいくとコメントした。