読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福島の記録

東日本大震災から地震・津波・原発事故からの復興を記録する。

平成23年3月11日(金)発災の日

2時46分に発生した地震は、かつて体験したことのない大規模な地震動を予感させた。

激しい揺れが発生した直後たちまち机が激しく揺れ動き、立てかけてある書類は吹き飛び、女性の悲鳴が上がった。

激しい揺れに1分間耐えた。そろそろ収まるだろうとよんでいたが第2派の揺れが来た。

いつどこから建物が倒壊するのか予想するようになった。秒ごとに天井から崩れるのか足元から崩れるのか上下を交互に注視していた。

2分経った。いつまで続くのか。長く激しい揺れに何とか耐え切った。今度こそ収まると期待した。

しかし、今までに倍する揺れが来た!

それを合図に何とか収まっていたロッカーの書類がこんにゃくか豆腐のように一気に飛び出した。

同時にガラスに書類がぶつかりバリバリと割れ、どんどんと机が揺れ、天井の照明が落下した。

さらに悲鳴が増す!

実は、この時、3階の皆は揺れが激しく、逃げることができなかった。

しかし、1階の面々は避難していたのだ。2階は半分ほどが避難できたようだった。

ついに図書室と更衣室にしていた連結ロッカー群が倒壊した!

机はマージャンの洗牌のようにかき混ぜられ、書類は床に吹き飛んで乱切りキャベツのように積み重なった。

今度こそいつ死んでもおかしくないと覚悟を決めたが、決めた覚悟が持たないほど長い!長い!長い!ゆれ!ゆれ!ゆれ!

職員は大半が床にしゃがんでこらえていた。果てしないゆれが収まったのは3分後だったと思われる。

ジェットコースターを降りたような放心状態の中、皆一声もない。

思わず「みんな大丈夫か!怪我はないか? 避難! 気をつけて退避!○○君誘導しろ!」と叫んだ。

しかし、○○君は、倒壊したロッカー群に動けなくなっている人がいないか確認に向かった。

ロッカーは山のように崩れており、上に登らないと向こう側は、確認できない。

避難路を確保するため、しゃがんでいた職員の進路に落ちていたものをどけた。

照明が落下したガラスの破片を踏みしめて避難する音が耳に残っている。

2階階段の防火扉は激しくゆがみ通路が狭くふさがれており、避難中に余震が発生しないことを祈った。

 こんなときにも女性に気を使う男は私以外にもいるものでショック状態になった女性の方を抱いて避難する者もいた。

中庭に集合したときには、またしても激しい余震が襲った。安全確認のため人の点呼を始めた。

このとき、実は重大な事態に陥っていた。今しがた逃げてきた復旧活動拠点になる事務所が使用できない状況となっていた。

柱が圧壊し、通信手段も失われていたのだ。

拠点や通信手段、水、電源、食料、ガソリン等すべてのバックアップがなかったことを痛感することになる。

(続く)

 

当時、双葉郡の東京電力福島第一原子力発電所では、地震と津波により全電源が喪失され、

 

追加で急派された電源車も夜半に到着したものの差込口が合わずに役に立たなかった。

 

SPEEDIをいつどう使ったらよいか運用は難しかったでしょう。

 

しかし、津波襲来後全電源喪失し、直ちに警報メールが関係者に流れ家族から友達と流れて一気に避難が始まったようです。

 

政府からは当日すでに70台のバスが双葉町と富岡町用に手配され現地に到着していましたが、避難に利用できたのは翌日でした。

 

行政関係者は、テレビでしか情報を入手できませんでしたが、一部の自衛隊員や警察官は、自発的に役場に叫んで回った方もおられました。

 

原発近くのオフサイトセンターに入ることもできず、関係者が現地で指揮をとることもできなかった。

 

運用も拠点もバックアップがなかった。原発内部には瓦礫が通路をふさいでいたため、決死隊の自衛官が突入して経路を確保したようです。

 

警察官は、白い降下物を目撃していました。

 

誘導していた警察官は、この事態を知っており、未曾有の事故にあたり、情報の伝達に問題がありました。

 

国民には十分な情報が流れていなかったようです。

 

最前線の警察無線だけが日本の首相官邸の情報収集窓口であったと聞いています。

 

しかし、津波襲来後全電源喪失し、直ちに警報メールが関係者に流れ家族から友達と流れて一気に避難が始まったようです。

 

政府からは当日すでに70台のバスが双葉町と富岡町用に手配され現地に到着していましたが、避難に利用できたのは翌日でした。

 

行政関係者は、テレビでしか情報を入手できませんでしたが、一部の自衛隊員や警察官は、自発的に役場に叫んで回った方もおられたと伺っております。

 

原発近くのオフサイトセンターに入ることもできず、関係者が現地で指揮をとることもできなかった。

 

運用も拠点もバックアップがなかった。原発内部には瓦礫が通路をふさいでいたため、決死隊の自衛官が突入して経路を確保したようです。

 

誘導していた警察官は、この事態を知っており、「みなさん避難してください。」と誘導していました。

 

それにしても情報機能と指揮命令系統が機能しなかったことはなはだしい。

 

バックアップが無いという事態の中でも東京電力福島第一原発の非常用電話と警報メール、数少ない一部の警察無線は機能していたが、国民への情報連絡が制約となった。

 

一方、アメリカには伝えていたようです。

 

原発の設計水平震度は不明ですがアメリカで設計された原発プラントを直輸入したのであれば、地震襲来時にすでに配管が損傷していた恐れもあったと思われます。